釣りの快感に溺れると、人生を後悔するかも・・・

Thought

こんにちは、SHINです。

ちょっとダークなタイトルですよね~。

ですが、釣りを否定する記事ではありません。むしろ、皆さんが死ぬ間際に、

釣りをしててよかった!

と思うために、

『今、どのように釣りに向き合うべきなのか』

これについてヒントとなる興味深い調査内容を入手しましたので、ご紹介いたします。

それは、

『人が死ぬ間際に後悔すること』

です。

やっぱりダークな話かなぁ~

いや! そんなことはありません(笑)

 

魚が釣れた時の強い快感だけを求め、気付いたら大事なものを失い、死ぬ間際に後悔する・・・

ということのないように、

『多くの人が後悔しがちなことを予め知り、未然に防ぐ』というのが、この記事の目的です。

私もこの内容を目の当たりにして、ちょっと考え方が変わりました。やはり、死を目前にした人達の言葉は重いですね。

それではどうぞ。

死ぬ瞬間に感じた5つの後悔

実は、ブロニー・ウェアというオーストラリアの看護師さんが『死ぬ瞬間の5つの後悔』という本を書いており、そこからの情報になります。

  1. 他人の期待を気にせず、自分の好きなように生きればよかった
  2. あんなに一所懸命働かなければよかった
  3. もっと自分の気持ちを表に出せばよかった
  4. 友人との連絡を取り続けていればよかった
  5. 自分をもっと幸せにしてあげればよかった
SHIN
SHIN

多くの人の死を目の当たりにした彼女が書く“死に際の後悔集”といったところでしょうか。

妙に説得力があります。

クレムソン大学が研究した『人生の後悔 トップ5』

これは、クレムソン大学が数百人の男女を対象に行った研究で、『若い頃の自分にどのようなアドバイスをしたいか』を質問し、若い頃にしておけばよかったという後悔を調べたものになります。

  1. 付き合う相手の選び方や接し方を間違えた
  2. もっと勉強しておけばよかった
  3. 自分がやりたいことをすればよかった
  4. 自己改善の意識を持って生きればよかった
  5. お金に対しもっと計画的であればよかった
SHIN
SHIN

これをもとに、『釣り人が犯しそうな過ち』を自分なりにまとめてみました。

  1. めちゃめちゃ釣れるポイントを見つけたとき、友達に内緒で1人で抜け駆け釣行ちょうこうをした
  2. ちょっと魚が釣れただけで自分の釣り方が正しいと思い込み、学びの姿勢を無くした
  3. 自分がやりたいことだけに没頭しすぎ、釣り以外の大事なものを失った
  4. 常に楽しい気持ちで満たされていたため、自己改善の意識が芽生えなかった
  5. 『お金が無い未来』よりも『釣りの快感を得ている未来』というイメージが勝り、つい釣り道具にお金を使ってしまった

反省してます。あっ、間違えた!

こういう人いますよね~。皆さんも注意して下さい。

人が感じる“後悔”特集

  • もっとスキンケアをしていればよかった
  • タバコをやめればよかった
  • 運動を習慣化していればよかった
  • オーラルケアが甘かった
  • もっと料理を学べばよかった挑戦や経験について
  • 体力があるうちに、もっと旅をすればよかった
  • 一芸を身に着けていればよかった
  • 他人の夢を優先してしまった
  • 祖父母の話をもっと聞けばよかった
  • 躊躇しなければよかった
  • 人を妬まなければよかった
  • 自分の可能性に賭ければよかった
  • 井の中の蛙になっていた
  • 酷く辛い仕事を辞めていればよかった
  • もっと勉強をすればよかった(特に外国語)
  • もっと恥ずかしがらず情熱的に生きればよかった
  • 人生の目的を早く見つければよかった
  • 世間の目を気にせず生きればよかった
  • もっとリスクを取ればよかった
  • 仕事ばかりしないで趣味に生きればよかった
  • もっと人前に立てばよかった
  • もっと家族との時間を大切にするべきだった
  • もっと他人に貢献すればよかった
  • 愛する気持ちをもっと伝えればよかった
  • 喧嘩別れしなければよかった
  • 子育てをしなかった、子供と遊ばなかった
  • もっと恋のリスクを冒せばよかった
  • どうでもいいことに首を突っ込まなければよかった
  • 愛する人に感謝の気持ちを伝えればよかった
SHIN
SHIN

スキンケアとか本当に気を付けてませんでした・・・

これを見てから日焼け対策保湿を気にするようになりましたよ~。

まとめ

人の後悔とは数えればきりがないですね~。ですが、多くの人たちの後悔には共通点がいくつもあります。そして、『この共通する後悔』は、私たちを後悔から遠ざけ、より充実した人生へと歩ませてくれる道しるべになります。

私の尊敬する宮本武蔵は、亡くなる1週間前に『独行道』という自省自戒の書を残しておりますが、その中に“後悔”に関する一文があります↓

『我事において後悔をせず』

あれほどまでに心と体を鍛え抜いた武士が『後悔』について言及するということは、『後悔』が人の行動に及ぼす影響、それは相当なものであることが伺えます。

『後悔』をどれだけコントロールできるか、それは豊かな人生を送るためのカギになるかもしれません。

皆さん、死ぬ間際に、

釣りをしててよかった!

そう思えるような人生をお互い目指していきましょう!

コメント