【後編】夏が来た、トップで川バス50up炸裂!この釣り方でもいける!

Report

こんにちは、SHINです。

なんとか連休前に間に合いました(汗) 前編に引き続き後編でもビッグ川バスがトップで炸裂するお話をします!

タイトルにもありますが、『この釣り方でもいける!』の部分に後半は触れていきます。前編でご紹介したジャイアントDOG-Xの釣りとは違いますので、是非お楽しみに。

前編を見ていない方はこちら↓

【前編】夏が来た、トップで川バス50up炸裂!この釣り方でもいける!
東北の川でスモールマウスバスを釣る。それも流れの速い瀬をトップで。ルアーをドッグウォークさせパンパンになる腕に、50アップの川バスが追い打ちをかけ釣り人の腕にのしかかる!でも、痛みより楽しさが上回る、そんなエキサイティングな釣りがここにはある。

 

今日の釣りばなし ※パート1(午後)

まずは腹ごしらえ

福島県伊達市にあるラーメン屋さん『麺次郎』で、ニンニク味噌ラーメンを食べて休憩。

麺は細麺と太麺から選べます。今回は細麺にしてみました。ニンニクがけっこうきいてます。少し甘さを感じる味噌味です。ここのお店は、伊達鶏が入った『伊達鶏そば』が有名ですが、今回は期間限定のニンニク味噌をチョイス。おかげさまで元気が出ました!ありがとうございます!

同じ場所で釣り再開。まだまだ釣れる!

さて、ニンニク臭を身にまとい、同じフィールドで釣り再開。相変わらずキレイな水です↓

まずは前半と同じ流れの強いところにジャイアントDOG-Xをキャスト↓

すでに魚を釣っている場所なので、もう出ないかなと思いきや!

ガバッ、ガバッ! HIT!!

またしてもトップでHIT! どうですか、このキレイな魚体! ↑

これも40アップ!! めちゃめちゃ引きました!このポイントは流れが強いため、ルアーを動かしたり魚とファイトしたりすると腕が疲れます(汗)この後すぐ、同じ場所でもう一匹掛けたのですがバレちゃいました。あんなに釣ってもまだ釣れる。すごい魚影です。

日もだいぶ傾き、いよいよタイムアップ目前。ちょうどこの頃、友人はニゴイのラッシュにハマっておりました↓

友人は流れの緩やかなところでX-80をゆっくりただ巻きしてニゴイを連続3匹釣っていました。今日の川バスは速い流れの中、ニゴイは緩やかな流れの中にいたということですね。生息域については基本的にこのパターンが多いです。季節によっては同じ場所にバスとニゴイがいることもあるので、釣り分けが難しい時もあります。

↑流れの緩いところで釣れるバスはちょっと小さめですね~

流れの緩いところはX-80(サスペンドルアー)の方が反応が良かったです。ですが、釣れる魚はニゴイ、ナマズ、小バスばかり。トップも投げてみましたが無反応でした。

しかし、ここでひらめきました! 今日一日で感じ取ったキーワードが全部つながった感じでした。

ひらめいた!この釣り方でもいける!

答えとなるルアーから先にお見せします。

これを使ってトップで50アップを釣りました! ↓

実は、流れの緩いところでこのルアーを使っていた時のことでした・・・。

全く釣れないので高速巻で回収したところ、水面を小気味こきみよくペチャペチャとナチュラルな音を立てながら、そして時々ランダムにダートしながら戻ってきたのです。

今日一日のことが脳裏をよぎったその時・・・

んっ!? このルアーを速い流れの中で高速巻きしたら、もっとランダムに跳ねて魚にアピールできるのでは!

とひらめいたのです。そして予想は的中。3投目くらいで答えは出ました。

ペチャ、ペチャペチャ、ペチャ、

ジュポっ!! HIT!!

スモールマウスバス、

50センチゴーマルオーバー登場!! ↑↓

ていうかトップの釣りなのに驚きました。バイトした瞬間、魚はほとんど顔を出さず、たった一度で捕食に成功したのです!ジャイアントDOG-Xの時は盛大に飛び出したあげく、バイトに失敗するわバレるわで、ハラハラしながら釣りをしていました。ですが、このルアーだとそんなことはありませんでした。ゴーマルの捕食が上手かったのか、それともルアーがナチュラルすぎて捕捉しやすかったのか・・・。今後、検証を続けていけばわかってくると思います。

それにしても、ピンテールワーム+オフセットフック+小さいガン玉の3点セットで釣れるとは、なんて経済的なんでしょうかwww しかも、ほぼアクション不要。ロッドを立ててルアーが沈まないように、時々トゥイッチしながらただ早く巻くだけです。さらに、オフセットフックなので、一度フッキングするとバレずらいです。この釣り方はいろいろな可能性を秘めていると思うので、夏の間になるべく多くの検証をし、結果を残していけたらと思っております。

しかし、今回の結果は偶然の可能性も否めません。まだまだ未知の釣りですが、それでもやってみたい方は詳細を以下のタックル紹介で載せますので、見てみてください。

釣れたのは確かですが、やるかやらないかは皆さんのご判断にお任せします。

というわけで、日も沈みタイムアップ。心も体も癒し、釣果も出せた最高の1日。しかも、ドラマは最後にやってくるもんなんですね!

夏の川バスは暑くても無休のようです。

なので、みなさんも もっと釣りしよっ!!

タックル紹介 ※50upを釣ったセッティング

  • ロッド:メガバス スピニングロッド(ワンピース) → F3-610KS JADEPYTHONジェイドパイソン
  • リール:シマノ ツインパワー C3000HG
  • ライン:PE0.8号 → ARMORED(アーマード) F+ Pro 150M
  • リーダー:ナイロン12lb → GT-R トラウト スーパーリミテッド
  • ルアー:ケイテック シャッドインパクト 4インチ ブルーギルフラッシュ
  • フック:がまかつ オフセットフック(サイズ、1/0)
  • ガン玉:1グラム → ラウンド スプリットショット シンカー#735-3/0(1グラム)

※紹介したロッドは、同じロッドでもワンピースタイプマルチピースタイプがあります。

※スピニングリールは断然ハイギアがおすすめです。

↑これはわたくしが今回使用し、トップで50センチのスモールマウスバスを釣ったタックルですが、あくまでも参考としてみていただければと思います。もちろん同じセッティングで釣りを再現するのもありです。釣り方は無限です。みなさんの気の向くまま自由にやってみてください。

天気や釣り場で気付いたこと

釣りのイメージに役立ててください。

  • 曇り時々晴れ/気温32℃(福島県伊達市)
  • 日差しはそこまで強くなく、ジリジリ感も無かった。
  • 息苦しさを感じるような湿度ではなかった。
  • 川の水がとても生ぬるく感じた。
  • セミがよく鳴いていた。17時頃からヒグラシの鳴き声に切り替わってきた。
  • 川の水がとても軽く感じ歩きやすかった。(※寒い時期の水は重く感じます)
  • 川の水がきれいだった。
  • 川下から真っすぐ風が吹き、ルアーが風で若干押し戻された。
  • 大きいスモールマウスバスは速い流れの中にいた。
  • 流れが緩い場所では深みに魚がいた。速い場所では浅場に魚がいた。
  • 1日を通してボイル(バスが小魚を追い回す光景)を1回しか見なかった。

この続きはcodocで購読