【初夏の川スモール】シャッドテールワームを使うなら3インチがおすすめ

Report

みなさんお久しぶりでございます!しんです。

2021年6月6日の釣果です。

 

1か月ぶりに釣りをしてきましたが、

フィールドは激変!

完全にハイシーズン化しててびっくりしましたww

 

最後に釣りをしたのは4月末。

これから大物スモールが釣れ始めるという5月のタイミングを逃し、ストレスたまりまくり。

でも、今回の釣果で発散してきました!

50upゲットです!

ちなみに、今回は釣り仲間のリョウさんと一緒に釣りに行ったのですが、

リョウさんは40up×4本ナマズを釣り、数もサイズも申し分なしといった状態。

僕は数は出せませんでしたが、なんとか良型サイズをゲット。

 

ですが、今回は魚を釣ったことよりも有益な情報を得ることができました。

それは、

釣れる「ルアーの種類」

釣れる「ルアーのサイズ」です。

もうブログや動画のタイトルになっているのでお分かりかと思いますが、

答えは

「3インチのシャッドテールワーム」です。

というわけで、結論を言ってしまったので、この記事はこれで終わりにしても良いのですが、

「釣れた場所」、「リグのセッティング」、「リグの動かし方」など、

今回の釣行について話しながら、これらについて少し深掘りしてみたいと思います。

興味のある方は是非ご覧ください。

 

釣り場の状況

気温:最高気温 約29℃
表水温:計り忘れましたが、1週間後の水温は20℃越えでした。
天気:晴れ
水深:やや高め
水質:濁りから回復する際中

  • 日差しが強かった
  • 岸沿いに小魚が溜まっていた
  • 鳥の鳴き声がよく聞こえた
  • 水質の回復と水位の減少が速かった

 

釣りの深掘り

なぜ3インチなのか?

結論から言うと、恐らく

小鮎

だと思います。

毎年5月末頃から鮎の稚魚がベイトボールとなって遡上し始めます。

そのアユの大きさがまさに

3インチ!

10年以上前からなぜか3インチだけよく釣れるのです。

ちなみに、4インチシャッドテールワームにすると途端に口を使わなくなります。

ピンテールワームだと4インチ以上でも釣れるのですが、釣り方が変わってきます。

 

シャッドテールワームの釣りはから初夏にかけて最も有効ですが、年中使えます。

なので、僕のタックルボックスの中にはオールシーズン常備されております。

あ、色はスカッパノンが断然おススメです。

これって、阿武隈川だけでしょうか?

 

シャッドテールワームは流れに当てる

シャッドテールワームの釣りで一番重要なのは、

トレースコースです。

川の流れに対してどうルアーを通すか。

コレが一番のキモです。

通し方はいろいろありますが、

一番釣れるのは、

「流れの下手側から上手側に引いてくる」釣り方です。

上流側に投げて下流側にドリフトさせても良いですが、恐らく最終的にバイトするタイミングはルアーが流れに対して頭を向けた時がほとんどです。

ちなみに、この時期おすすめのポイントは、流れと反転流が隣接しているポイントです。

※奥が右に流れ、手前が左に流れています。写真の左側から流れが強くなり始めます。

小鮎の群れは急な流れの手前(反転流など)で休んでから遡上しなおします。

そして、急な流れを登り切れずに落ちてくる小鮎などを狙うのが川スモールです。

3インチシャッドテールワームがマッチザベイトということですね!

(このベイトはちょっと大きいですねww)

 

今年はあのルアーに反応しない・・・

去年はこのルアーで多くの川スモールを釣りました!

メガバス ボトルシュリンプ4インチです。

いままで阿武隈川で釣りをしてきて、ボトムの反応が良かったのは去年だけだったのかもしれませんww

今年はいまいちですね~。

おそらく鮎の数が例年通り多いのかもしれません。

去年は鮎の食み跡(はみあと)もほとんどなく、フィールドはベイトっ気のない状態でしたが、
今年は鮎を始めとし小魚をよく見かけるので、ホッグ系ワームではなく小魚系のワームを使って中層で釣れそうです。

10年前の阿武隈川が再来するのか!

 

10年前の阿武隈川

とにかくすごかったです!

バス釣りをろくにやったことのない僕でも1年間ボウズ無しで釣れ続けましたからねww

しかも、ハイシーズンの初夏は、1か所で40upが5~6本釣れていたのです。

そして、当時はパターンを簡単に見つけられたので、様々なルアーを使って楽しんでおりました。

今はその頃に見つけたパターンを応用して、何とか1日1本釣るといった感じです。

昔が懐かしいです。

 

もし全国のどこかで川スモールが爆釣している場所があるなら、釣り方を覚える絶好のチャンスだと思います。

 

これは僕の考えですが、

「釣りは釣らなきゃうまくならない」

と思っております。

みなさん釣るためにいろいろと情報を収集していると思いますが、

結局のところ、魚を釣らなきゃ収集した知識や情報は自分の物になりません。

魚を釣るためには、

フィールドに通い続ける

ルアーを投げ続ける

魚を釣り続ける

これに尽きると思います。

 

実釣シーンを動画で見る

 

最後に

今回は、3インチシャッドテールワームの威力を改めて実感した1日でした。

釣り仲間のリョウさんもシャッドテールワームで釣果を出していましたが、複数名で結果を出したことで、この釣りの正確性が高まりました。

僕は1人で釣りに行くことがけっこう多いですが、こうやって友達と釣りをすると、多くのパターンに気付くことができます。

とても良い経験ができた1日でした。

 

というわけで、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

また次回もブログと動画でお会いいたしましょう!

 

シャッドテールワームのリグの作り方

【川スモールマウスバス】春~夏はこのルアー1つでOK【初心者】
SHIN みなさんこんにちは、しんです。 今日は、『春から夏にかけて釣れるルアーはこれ1つでOK』というテーマで、 初心者向けの 川でスモールマウスバスを釣るためのルアーを 1個だけ...

 

コメント