【スモールマウスバス】今年もシーズン到来!あの花が咲くと川スモールが釣れ始める 

Report

みなさんこんにちは、しんです。

2021年4月24日の釣果です。

 

東北は完全にシーズンインしました!

毎年決まって「あの花」が咲くとスモールマウスバスがよく釣れるようになります。

その花とは・・・

「菜の花」です。

この話しには科学的根拠はありませんが、

10年以上スモールマウスバスの釣りをする中でそう感じたのと、

最近いただいたコメントの中で、関東でも菜の花がが咲くと釣れ始めると書かれていました。

立証できないけどサンプル数はやや多めといったところでしょうか。

 

そんなこんなで、今回はボトムでも中層でもスモールが釣れましたので、

先日アップした動画を深掘りする形でブログを書いてみたいと思います。

それではいってみましょう!

 

釣り場の状況

気温:最高気温 約17.7℃
表水温:約13.4℃
天気:晴れ+やや風強い
水深:通常値
水質:クリア

  • 日中風が強かった
  • けっこう水がクリアだった
  • 川沿いに菜の花が満開だった
  • 夕方になると風が止み始めた
  • 風が止むと小魚が水面近くを泳ぎ始めた
  • 虫が多くなってきた
  • 緑の草が少しずつ伸び始めてきた
  • タケノコを掘った後が見受けられた

 

動画の深掘り

菜の花が満開♪

いよいよ阿武隈川の岸沿いに菜の花が咲きました。

もう満開です。

釣り人は「魚の釣れ始め」「草花」をリンクさせることがあります。

 

例えば、今回の僕のように、

菜の花の満開=スモールマウスバスが釣れ始める

などです。

他にも釣れるタイミングとして、

ドクダミの花=シーバス

藤の花=初夏のアイナメ

木々の紅葉=冬のアイナメ

といった感じです。

 

これらは釣り人から釣り人へ口伝される内容のため、

どこかで話しがおかしくなっているかもしれませんが、

大事なことは、

「季節と魚をリンクさせる」

ということです。

みなさんも釣りをしながら自然を観察し、

自分なりの目印を探してみてください。

 

春の日中は風が強い

僕が春の川スモールを狙っていて一番難しく感じる点は、

「風」です。

いくら暖かくて天気がよくても、

風が強いと釣りが成立しません。

そして、精神的に萎えます。

でも魚が釣りたい!

一応、過去に春の風対策的な記事をアップしておりますので、ご参考までにどうぞ↓

【初心者】スポーニングと春の強風を攻略する『4つのこと』【考察】
SHIN みなさんこんにちは、しんです。 ◆『スポーニング』と『春の強風』を攻略する◆ 今日は、こういったテーマで考察してみようと思います。 この記事の内容は、スポーニング...

この記事にも書いた通り、

春は主に4つのことを注意しながら釣りをしています

  • 風が吹かない時間帯
  • 魚がいる場所
  • 魚が反応しやすい時間帯
  • 魚が反応しやすいルアーと釣り方

時間帯は午前中の方が良いのですが、

今年は夕方にかけてチャレンジしております。

夕マズメも釣れることは釣れるのですが、いまのところ小さいサイズばかりです。

やっぱり午前中の方が良いのかもしれません・・・。

 

なんか当たった!

風が強い時間帯からスタートしたので、

スローな釣りではなくミノーを使った速い釣りにチェンジ。

ちょっと渓流チックに7センチのミノーを上流側に投げてトゥイッチングしてたら、

小さな魚が食ってきました!

竿先に

ぐぐぐっ!

と重さを感じましたがバレてしまいました!

嘘じゃないですよww

でも、今は信用されにくい時代ですからね~。

やっぱり、ちゃんと釣って証明しなきゃダメですね。

5月に入ると、小型ミノーのジャークとかでも流れの中からまあまあサイズのスモールが釣れることがあるので、釣れないときの暇つぶしにやってみてください♪

 

ストラクチャーの陰から(1匹目)

少しずつ風が弱くなってきました。

夕方が近づくにつれ風が弱くなってきました。

日にもよりますが、たいてい夕方になると大気が落ち着きます。

そして、ここからが勝負です。

なにやら魚がいそうな、そんな雰囲気をかもし出すポイントを発見↓

そしてルアーをキャスト。

目の前の木の枝に隠れるようにスタンバイ。

 

僕が最も信頼を置く

メガバス ハゼドンシャッド3インチ

これで川スモールを狙います。

すると・・・

キタっ!!

岩の隙間からバイトしてきた!

すごい引き。

だけど目の前に木がww

木をかわしてファイトしやすい位置を確保!

見た目は流れが弱そうに見えますが、

実際は強く、そして重いです。

しかもこの時期のスモールはトルクがあるので、

流れと相まってラインブレイクしそうな勢い。

ロッドでいなしきれないと判断し、ドラグをゆるゆるに。

慎重に引き寄せると↓

ちょっと微妙なフッキング。

変な方向にターンされていたら確実にバラしていました。

ドラグを緩めててよかったです。

綺麗な1匹をキャッチしました。

目が赤いですね。

去年はハゼドンシャッドが不調でしたが、

今年はこのルアーでコンスタントに釣っております。

 

はじめて川スモールをやってみたいという方におススメのルアーです。

色はスカッパノン、大きさは3インチ

コレを見つけたら買いですね!

 

過去にハゼドンシャッドリグの作り方をブログと動画で解説しておりますので、是非ご参照ください。

春から夏、このルアーがあると重宝します。

【川スモールマウスバス】春~夏はこのルアー1つでOK【初心者】
SHIN みなさんこんにちは、しんです。 今日は、『春から夏にかけて釣れるルアーはこれ1つでOK』というテーマで、 初心者向けの 川でスモールマウスバスを釣るためのルアーを 1個だけ...

 

水温チェック

今日の水温は13.4℃

2週間ぶりに阿武隈川にきましたが、

前回の水温は11℃台だったので、徐々に上がっております。

6月上旬ころになると20℃を越えてきますので、これからどんどん水温が上昇していくと思います。

 

ちなみに、昨年は気温と水温の低い日が多く、魚の活性がいまいちのように感じました。

去年は低生成物を捕食している川スモールが多かったですが、

今年はいつも通りベイトフィッシュを追いかけてくれれば、

こちらも楽しい釣りができるのですが・・・、

はたしてどうなることやら。

 

やっぱり釣れる「ズル引き」(2匹目)

夕方になると風が止んで静かになり、

小魚が水面近くに集まってきました。

そこで、以前から試してみたかったルアーを投入!

ジャッカル NAGISA

川スモールが表層を意識してるかもしれないので、

NAGISAを静かにトレース…

無反応!

全然ダメでしたww

5月〜6月の間で川スモールが岸沿いをフラフラ泳ぐ時期があるので、

そのあたりでもう一度試してみようと思います!

このルアー、なんか釣れそうな気がするんですけどね〜。

 

気を取り直して、

今度は表層とは真逆のボトムを攻めることに。

前回、魚が付いていた竹のストラクチャー付近をボトムズル引き

すると…

ス〜

おっ、ルアーが引っ張られる。

思いっきりフッキング!

キタっ!

シャローなので魚が横っ走りする!

あ…

ちっちゃ!

でも引く!

この時期のスモールはトルクがハンパないです(汗)

SHIN
SHIN

ていうか、今までの経験上、
どちらかというと小さい川スモールの方が

引きが乱暴で強いことが多いような気がします。
『40upキター!』
と言って釣り上げると
たいてい小バスです・・・
こんなことはシーズン中しょっちゅうあります(笑)

 

そして釣り上げた魚は↓

白っ!

そして、目が赤っ!

 

釣れるとデカい冬が終わり、

小さいサイズも釣れる季節が訪れました。

阿武隈川も

川スモールのシーズン到来といった感じです♪

 

エサ釣りのように

前回(4/10)の釣行で、

『エサ釣りのように釣る』と題して、

ナチュラルドリフト

この釣りで、気温低下のタフな状況の中、魚を釣ることができました。

今日はナチュラルドリフトの雰囲気ではありませんが、

一応試してみることに。

釣れませんでした。

今日のスモールはナチュラルドリフトの気分ではなさそうです。

【川スモール】春なのに寒くて釣れない!こんな時はエサ釣りのようにルアーで釣る
みなさんこんにちは、しんです。 2021年4月10日の釣果です。 先日、釣行動画はすでにアップしましたが、 今回はそれを深掘りする形でブログを書いてみようと思います。 尺の関係もあって、動画だと細かいエピソー...

 

実釣シーンを動画で見る

 

最後に

本日もブログと動画をご覧いただきありがとうございます。

2021年も菜の花の満開とともに東北の川スモールがシーズンインしました。

 

ちなみに、

川スモールの釣りをこれから始めたいという方は、

今時期から真夏前まで釣りやすいので、

今がチャンスです!

 

かく言う僕も川スモールの釣りをスタートした時期は5月末頃です。

もう10年以上前の話しですがねww

 

当時はどこでも釣れる印象が強く、

1ヶ所で5~6匹も釣れることがありました。それも40upですよ!

もう笑いが止まらない状態でした。

 

しかし、釣れるといっても川スモールは当時から特定の条件にしか反応しなかったので、

流れに対して通すコースを間違えたりすると釣れませんでした。

その辺の難しさは今も変わらないですね。

むしろ今は釣れる数が減ったので、

難易度はだいぶ上がったように感じます。

 

こういう状況だからこそ、

釣れる時期に始めることをおススメします。

 

釣りって釣りたいから色んな情報を集めたり、

色んなルアーをそろえたりしますが、

結局のところ、

釣らないと釣れるようになりません。

なので、釣れる時期に通えるだけ通って、

まぐれでもいいから釣れるだけ釣ったほうが上達します。

 

1匹釣ると、2匹目のイメージが湧き、

2匹目を釣ると3匹目のイメージが・・・、

という具合に、魚が魚を呼びます。

仮に釣れなくても、釣れない方法を学んだと思って、

次回からその釣り方を選択肢から外していけば

釣れる方法にどんどん近づきます。

 

ということで、

みなさんも自分にしか釣れない魚を探してみてください。

 

それではまた、

次回もブログと動画でお会いいたしましょう!

コメント