【秋の川スモール】ショートバイト連続!でも、このリグにしか当たらない・・・

Report
SHIN
SHIN

みなさんこんにちは、しんです。
2020年10月25日の釣果報告です。

釣果からお話しすると、

今回は、ボウズです。

 

風は強いし、水は冷たいし、晴れてるのに雨は降るし、魚は釣れないし・・・、

自然が人に厳しすぎるーーー!

 

ところが、アタリがめちゃめちゃ多い!

 

なんだか、

「上げて落とす」を何度も繰り返され、

自然と魚にもてあそばれてる感じ・・・。

もはやイジメですww

 

ですが、釣り人はポジティブでした!

 

結果は残念でしたが、

ある気付きを得られました。

 

それは、

「特定のリグによく反応した」

ということです。

 

釣り人は転んでもただでは起きません。

というわけで今回は、

「アタリが最も多かったリグ」について、

僕なりの考察を混ぜながら

ご紹介していこうと思います。

1:釣り場の状況

気温:最高気温 18℃
表水温:約13.8℃
天気:晴れ時々くもり+強風+時々小雨
水深:最低値+15㎝くらい
水質:ささ濁り

  • とにかく風が強く、ライトタックルが操作できない状況
  • 釣り人が意外とたくさんいた
  • 天気が、晴れとくもりを短い間隔で繰り返してた
  • 流れの緩やかなところで多くの鳥が休んでいた
  • 夕方より日中のほうがアタリが多かった
  • 岸沿いではなく、ちょっと沖のほうの反応が良かった

今日の釣りばなし

あのリグにだけ当たる

結論から言うとコチラ↓

フリーリグです。

本当はネコリグをやりたかったのですが、風が強すぎてできませんでした。

少しでもフワフワ感を出したいと思い、

そこで、このフリーリグをチョイス。

すると、想像以上に当たるのです!

 

しかし、乗らない!!

 

即合わせもダメ、

スイープに合わせてもダメ、

ゆっくり食わせてもダメ・・・

 

アタリの感触は様々で、

金属的なアタリから、

ググっと抑え込むようなアタリ、

ス~っと持って行くようなアタリまでありました。

ワームも無傷だったり、ボロボロになったりと、これも様々。

魚が大きいのか小さいのか、もはやわかりませんww

 

とにかく分かったことは、

フリーリグへの反応が良いということです。

 

ちなみに、7gのラバージグもいけるかもと思い試しましたが、

全く反応しません。

ラバーが魚にうまくアピールできるのではないかなと思いましたが、ダメでした。

釣れるリグを予想

おそらく、キーとなるのは

「水中を漂う」

だと思います。

となると、こんなリグが行けるのではないかなと考察します↓

  • ネコリグ
  • キャロライナリグ
  • ダウンショット
  • フリーリグ

魚が岸沿いの流れのないところにいれば、

I字系でも行けそうな気がしますが、

まだ、流れのに身を寄せているので、

I字系はどうかな・・・と思います。

 

ちなみに、同じ日に阿武隈川で釣れた人のツイートを見ると、

僕と同じくショートバイトが多かったようで、

ヘビーダウンショットに切り替えたら釣れていました。

漂わせることで、

ショートバイトをフッキングまで導いていたようです。

最後に

今回は魚を釣るという「成果」は出せませんでしたが、

魚が釣れないという「経験」から

次の釣りのきっかけを見つけることができました。

これから冬が近づくにつれ、魚は釣れなくなってきますが、

経験はいつでも積むことができるので、

懲りずにフィールドに通い続けようと思います♪

コメント