【増水・濁り・水温低下】タフな川スモールマウスバスに挑戦!【3種目達成】

Report
SHIN
SHIN

みなさんこんにちは、しんです。
2020年5月24日の釣果です。

5月の3週目、東北はが多く気温の低い日が続きました。

川は増水し、ウェーディンすると寒さを感じるくらい水温低下

 

そう、魚はタフな状態。

 

しかも、川は増水するとポイントが大きく変化。

いつもの釣れる場所に立てなくなります。

 

そんな中、

今日はタフな川スモールマウスバスに挑戦してきました!

増水・濁り・水温低下の中で『釣れる条件』を探しながらのポイント巡り。

ブログと動画にまとめましたので、どうぞご覧ください。

今日の釣りばなし

手始めに、前回50upがいたポイントで状況確認

だいぶ増水しています。

攻めやすい岸沿いからスタートしますが、いまいち魚の気配を感じません。

そして、ここのポイントは流れがかなり強く感じます。いつもはここまで強くないのですが・・・。

とりあえず、増水で環境が大きく変化し、いつものパターンが通用しません。

どんな形でもいいので、早めに魚を釣り、パターンを見出したいです!

 

ここで思いついたのが、1週間前に50upを釣ったポイント、

そこへ行って見ることに↓

水かさが上がり、水温はかなり下がっています(汗)

前回はこんな感じ↓

かなり違います。

 

そして、釣れる気が全くしませんが、とりあえず確認の意味も込めてキャスト!

 

・・・やっぱり、ダメです!

 

この辺りは地形も良く理解しているので、

すこしウェーディンして奥のブッシュも狙ってみました。

 

ですが、これもダメ!

 

ここまでやってみて、何となく気付きました↓

  • 水温が低い
  • 水深が高い

今日は、こういう所に魚がいません!

ということで、真逆なポイントを探してみることにしました。

流れが弱く日当たりのよいシャローのボトムで釣れる!

次にやってきたのは、こんなところです↓

日当たりの良いシャローフラットエリアです。

増水のため多少流れはあるものの、初めにやったポイントより穏やかです。

 

ここでは、迷わずボトムを狙うことにしました。

理由は、なんとなく!

ただそれだけですw

 

SHIN
SHIN

完全に直観です!

でも、直観は90%近い確率で当たるといわれています。
これは、イスラエルのある大学の研究でも証明されていて、
人間の脳は過去の経験をもとに瞬時に物事を判断できるようです。

みなさんも『釣りの直観』大切にして下さい。

 

早速、シャローフラットエリアにメガバス ボトルシュリンプをキャスト。

ドリフトでボトムを転がしながら誘います。

すると・・・

HIT!

けっこう引く!

なんだこの魚!?

えっ!?

小バス?

すっごい引いたんですけど・・・

 

それでも、1匹は1匹。

予想していた場所と釣り方が当たっていたのか、

タフコンディションの中、なんとかスモールを釣りました。

 

引き続き、少し上流側の同じような場所へ移動。

ここでも同じようにルアーをキャストすると・・・

コン!!

固いアタリ。

キタっ!

これもけっこう引きます!

でも、嫌な予感が・・・

うわー、ナマズです。

雨の後はナマズニゴイがよく釣れますよね~。

 

ここのエリアでは2匹の魚を釣りましたが、

『流れが弱いシャローフラットエリア』

『日当たりが良い』

『ボトムの釣り』

この『3つの条件』がそろっていました。

 

今日のような、増水、濁り、水温低下、

こういった中で、この条件が揃うと本当に魚が釣れるのか、

場所を大きく移動して確認してみようと思います。

別な場所で答え合わせ

というわけで、こんな感じのところへ移動してきました。

ここは、

『流れが弱いシャローフラットエリア』『日当たりが良い』『ボトムの釣り』

この条件がさらに強く出ているところです。

岸沿いは流れが無さすぎて、コイがうじゃうじゃいました。

 

ここでは、ボトムの釣りを意識して、こんなルアーを使用。

メガバス ダークスリーパー3インチ(3/8オンス)

最近、ボトムの釣りがかなり好調なので、ボトムズル引きに良さそうなルアーを探していたら見つけました。

SHIN
SHIN

予想が当たっていれば釣れると思うんだけどなぁ~

早速、岸沿いから狙ってみることに。

 

無反応・・・

コイが多すぎて、スモールがいないのでしょうか・・・

 

続いて、流れの中にキャストし、流れのないところに落とし込むようにアプローチ。

ボトムを感じながらズルズル引いていると・・・

HIT!

やっぱりきました!

魚はボトムを意識しています。

ですが、釣れたのは↓

ニゴイです。

ナマズ、ニゴイ、スモール

3種目達成!

あんまりうれしくないけど、パターン成立!

複雑な達成感ですww

結論!今日の釣れる条件

今日の釣れる条件は、

  • 流れが弱いシャローフラットエリア
  • 日当たりが良い
  • ボトムの釣り

この3つがそろっていると魚が釣れました。

魚種は選別できませんでしたが、とにもかくにも釣れたので間違いないと思いますw

5月下旬『増水・濁り・水温低下』

今後、この状況下で魚を狙う場合、

3つの条件を意識して魚を狙っていこうと思います。

実釣シーンを動画で見る

【増水・濁り・水温低下】タフな川スモールマウスバスに挑戦!【3種目達成】

釣り場で感じたこと

  • ルアーがすぐ冷たくなるくらい水温が低かった
  • ニゴイがよく釣れた
  • 朝一より、日中のほうが魚の反応が良かった
  • 砂地の浅場で多くの鯉がネストを作っていた
  • 日当たりの良いフラットエリアのボトムで魚が釣れた
  • 気温がとても高かった

最後に

川の釣りは毎回同じパターンが通じにくいので難しいですよね。

でも、毎回答えを探しながら釣りをするというのも、僕は嫌いではないです。

直観で判断しつつも、ときどき深く思考する。

これからも古いパターンにとらわれず、臨機応変に魚釣りを楽しんでいこうと思います。

 

本日もブログと動画をご覧いただきありがとうございました。

次回もお楽しみに。

使用したアイテム

ルアーメガバス ダークスリーパー3インチ3/8オンス

【説明】今回使用したのは、大きさ3インチ、重さ3/8オンス、カラーはダークシャッドです。

 

ルアーメガバス ボトルシュリンプ4インチシンカーは3/8オンス ※シンカーストッパーを付けます

【説明】大きさは4インチがベスト。今回使用したカラーと違いますが、おすすめカラーはスカッパノン/ブルーフレークです!※購入時、ワームサイズを間違えないようにご注意ください。

 

シンカーreins(レイン) ベーシックバレットシンカー 3/8oz(10.5g)

【説明】この重さのシンカーが操作しやすい場所、または水深で魚が良く釣れたので、初めての方は3/8オンスからスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

シンカーストッパーRYUGI(リューギ)  コンボストッパー L

【説明】画像のサイズはLですが、僕が使用しているサイズはMです。ラインの太さによってサイズが異なりますので、適合サイズを選んでください。

 

フックがまかつ ワームフック ワーム 321 バルキースタイル 2/0号

【説明】ボトルシュリンプには2/0がちょうど良いですが、ちょっと小さい1/0でも釣れます。ハゼドンシャッド用に1/0フックを購入した方は、ボトルシュリンプだけ買って、今回の釣りを試してみても良いと思います。

 

ウェーダーチェストフェルトウェダーLTD サイズL

【説明】私の身長は約165センチなのですが、サイズLのウェーダーを履いて余裕がある感じです。ウェーダーはキツキツで履かないことをおすすめします。きついとひざが曲がらず自由を失いケガをします。ひざを楽に曲げられることが大事です。サイズ選びはご慎重に。

 

撮影機器GoPro HERO8 Black 限定BOXゴープロ ヒーロー8

【説明】僕がいつもYouTubeに投稿している動画は、全てGoPro HERO8 Blackで撮影しています。限定BOXには、僕がいつも使用しているヘッドマウントも付いています。ダヴィンチリゾルブという動画編集ソフトを無料範囲内で使用し編集しております。デジカメを持たなくても動画の1コマを1枚の写真に加工してブログやTwitterに掲載することも可能です。

 

 

 

 

コメント