【スモールマウスバス 50up】5月のアフタースポーン、こうやって釣れた!

Report
SHIN
SHIN

みなさんこんにちは、しんです。

2020年5月5日の釣果です。

ついに、

今年初の50upを釣りました!

それにしても、今回の釣行はかなりシブかった…

この時期はスポーニングも絡み、なかなか口を使ってくれません。

ですが、50upを釣ったことで、大物がどこにいて、どうやったら釣れるのか、なんとなくわかった感じがしました。

僕にとって、今後の釣りを変える1日になったかもしれません。

アフタースポーンの50upが、どこでどのように釣れたのか、是非ご覧ください!

今日の釣りばなし

風は予報通りに止んでくれた!

今日は晴れ。めずらしく午前中は11時まで風が強い予報なので、ゆっくりめのスタート。

だいぶ日も高いです。

11時前にポイントに着いたので、風が止む11時まで車でおにぎりを食べながら待機。

そして、おにぎりを口に含みながら、

SHIN
SHIN

風よ、止んでくれーーー!!

本当に止みましたww

やっぱり天気予報って当たりますね~♪

この時期は『スポーニング』『風』が釣りを難しくします。

先日、この2つの攻略について自分なりの考察ブログを書きましたので、ご参考までにご覧ください↓

【初心者】スポーニングと春の強風を攻略する『4つのこと』【考察】
みなさんこんにちは、しんです。『スポーニング』と『春の強風』を攻略する4つのポイントに着いて考察してみようと思います。この記事の内容は、スポーニングと風について基本的な情報を載せておりますので、初心者の方におすすめです!春の釣りが難しいと感じている方は、是非ご覧ください。動画もご用意しております。

小バスは緩い流れの中に

それにしても最近の阿武隈スモールはシブいです。

関東のスモール情報を見ると50upが釣れているようですが・・・。阿武隈川はまだ本調子じゃないのでしょうか。それとも釣れていないのは僕だけ?

 

今日も大物は釣れないかなぁ~。

あまり期待をせず、いつも通りの釣りスタート♪

 

まずは、このルアーで流れの中を狙います↓

ハゼドンシャッド3インチ(※写真のガン玉より小さめの物をセッティング)

そして、流れを狙うといっても、ちょっと緩めのところです↓

ハゼドンシャッドを下流側にルアーをキャスト。

ラインを真っすぐに保ちながら流れに乗せていると・・・

カン!

金属的なアタリ!

阿武隈川の小バスにありがちなアタリ。

でも、引きは申し分なし!

バシャバシャバシャ!

あー、やっぱり小さいww

でも、スモールの引きって本当に強いですね~。この大きさでもしっかりロッドを曲げてくれます。

で、釣れた魚は↓

最近、流れの中に入っている魚は、みんな小さいものばかりです。

 

その後、強い流れの中も攻めてみましたが、全く反応なし・・・↓

ちょっと時期的に早いですよねww

それにしても、今日の大物はどこにいるのでしょうか・・・?

ストラクチャーで休む50upに直撃!

いろいろな場所を試しましたが、どうやら流れの中にはいないようです。

 

とりあえず、今日気付いたこととして、

【ポイント移動していると、岸沿いで魚を見かける・・・】

ということです。

ん~

かなり浅いところに魚がいるのかな~。

でも、ハゼドンシャッドで狙うには浅すぎる。

そこで、メガバス ヴィジョン95というハードルアーにチェンジ。

ボトムに着かないように浅瀬を狙うと・・・

なんと、ニゴイと小バスがチェイスしてきました!(汗)

SHIN
SHIN

動画で見ると面白いですよ。

スモラバとかあればよかったんだけどなぁ~。

(後日、この発想が釣果を大きく左右します)

 

とりあえず、スモラバがないので、3/8オンスのラバージグゲーリーヤマモトのカーリーテールのワームを付け、大きなストラクチャーのボトム付近をゆっくり探ることにしました。

流れの上流側にキャストし、岩の脇を通すイメージ。

そして、リールを使わずロッドだけでボトムをズル引きしていた時・・・

ジジジジジ・・・

あっ、魚が食った!

すると、

ガバガバ!

でかい!

思わずしゃべるのを忘れてしまい、一瞬無言にww

水中に見えるその姿は、間違いなく50up!

計測しなくても分かるほどの大きさ!

実際に釣り上げると↓

51センチ!

産卵を終え、岩の陰でゆっくり休んでいた魚です。

アフタースポーンでなかなか口を使わないバスを釣るなんて。

しかも50up。かなり貴重な魚を手にできたので、ちょっと自信が付きました!

 

最後はやさしくリリース。

ありがと~。

その後、釣りの終盤でもう1匹かかったのですが、それはフッキングが甘くてバレちゃいました。

ですが、今日はかなり楽しめました。

そして、大きい魚の居場所と食わせ方もイメージできたので、そこは大きな収穫でした。

 

今回50upを釣ったことで、

大物がどこにいて、どうやったら釣れるのか、なんとなくわかった感じがします。今後の釣りを変える1日になったかもしれません。

【今日の50up】

居場所:流れが弱い所の岩

釣り方:ボトムのズル引き

50upを釣ったタックル

  • ロッド:メガバス オロチカイザ F3-610KS ジェイドパイソン
  • リール:シマノ ツインパワーC3000HG
  • ライン:シマノ PITBULL(ピットブル) 0.8号 150m
  • ルアー:『ゲーリーヤマモト 6インチ グラブ』 + 『ラバージグ 3/8オンス』

実釣シーンを動画で見る

【スモールマウスバス 50up】5月のアフタースポーン、こうやって釣れた!

釣り場で感じたこと

  • 日差しが強かった
  • 時々、風が強く吹いた
  • 水がキレイだった
  • 水温がそこまで冷たくなかった
  • アングラーが多かった
  • 羽虫は飛ぶようになったが虫の鳴き声はあまり聞こえない
  • 小バスは流れのあるところに入っていた

最後に

いかがでしたでしょうか。

いや~、それにしても、かなりシブかったですね。

でも、なんとか50up釣りました!

今日の釣りで感じたのは、まだ大きい魚は流れの中では釣れないということです。流れが緩いところのストラクチャーに大きい魚はいるようなので、ラバージグテキサスなどを使ってアプローチするのが良いのかなと思います。

それと、岸沿いにも魚がいたので、これをどう獲っていくかについても考えていこうともいます。

やっぱりスモラバも用意しなきゃダメかなぁ~。ちょっと検討してみます。

 

最近の阿武隈川は、だいぶアフターの魚が増えて釣りが難しい時期に入ったようです。

ですが、5月下旬になると鮎などのベイトも増えてスモールの活性は高くなります。

それまでの辛抱ですね。

初夏になるとトップでも釣れるようになるので、今年は動画撮影もはじめたことですし、目で見て楽しいトップの釣りに、いつも以上にチャレンジしようとおもいます!

本日もブログと動画をご覧いただきありがとうございました。

次回もまたよろしくお願いいたします!

この続きはcodocで購読

コメント