【阿武隈川】魚の群れに遭遇!釣り上げたのは 60up!!

Report
SHIN
SHIN

みなさんこんにちは、しんです。

2020年5月3日の釣果です。

最近、小バスが釣れるようになってきましたね~。

みなさんのフィールドはいかがでしょうか?

 

先日、阿武隈川へ釣りに行ったとき、

  • 『とある魚の群れ』に遭遇!
  • 魚がウジャウジャ泳ぎ回るフィールドから、60upのアレが釣れた!!
  • そして、スモールは小さいのしか釣れない・・・

いや~、いろんな意味で驚きました!

 

今日は、そんな驚きの阿武隈川の状況をブログYouTubeでご紹介いたします。

今日の釣りばなし

とある魚の群れに遭遇!

いや~、阿武隈川も釣り人口が増えましたね~。

どこに行っても人、人、人・・・

10年前が懐かし~

 

こんなことを言ってても魚は釣れないので、今までの記憶をもとに、なるべく人の入らないフィールドを選んで釣りを開始!

まずはこんなところから↓

昨年の大雨(2019年 台風19号)の影響で、入れるポイントが増えました。

 

SHIN
SHIN

みなさん、開拓するなら今のうちです。

夏になると草と虫で多くのフィールドが閉ざされます。今のうちに足場を把握しておくと、多少草が生えても夏や秋に道を開くことができます。今のうちにリサーチしておきましょう。

 

話しを戻します。

はじめに入ったポイントですが、中洲が気になったので、まずは対岸側から狙うことにしました。

使用したルアーはコチラ↓

deps サカマタシャッド 6インチ です。

このルアーなら飛距離を出しながらも、魚にやさしくアプローチできるはず・・・

 

とはいったものの、魚は無反応。

しかたないので、そろそろ移動しようかなと思ったら、

んっ!?

中州で何かがバシャバシャ動いてる!

魚だ!

すかさずルアーを投げてアプローチ! しかし無反応・・・。

 

とりあえず、何の魚か気になるので、直接中州へ移動↓

なんじゃこりゃ!?

ウグイ(アカハラ)の群れです!

黒く細長く見えるのは、全てウグイ。

 

SHIN
SHIN

動画で見るとすごいですよ~。

ていうか、こんなのは初めて!

このへん一帯ウグイだらけで、とても驚きました!

『60upの魚』とは?

あまりに珍しい光景だったので感動していましたが、その反面、

『こんなにウグイがいたら何も釣れないかなぁ~』

という心配もありました・・・

 

ですが、フィールドをよく見渡すと、

ストラクチャーの周りをウロウロする魚体が見えました。

濁りでハッキリ見えませんが、バスかもしれないので狙うことに。

 

ちょっと大きめサイズのサカマタシャッド6インチでアプローチ。

魚がいそうなところでトゥイッチしたところ・・・

ゴンっ!!

ジジジジジーーーーー!!!

でかい!

しかも、めちゃくちゃ引く!!

ドラグは春のスモールセッティングのため、ちょっと緩め。

ロッドとドラグでいなしながら釣り上げた魚は・・・

ニゴイです・・・

しかも60センチって・・・、でかい(汗)

バスじゃなかったけど、引きが強かったので、かなり楽しめました♪

 

阿武隈川は、ときどき想定外の大物が釣れます。

ドラグを絞めすぎると一瞬でラインブレイクすることがあります。なので、個人的には少し緩めのドラグセッティングで釣りをしております。

あと、ファイト中にドラグセッティングができるようにイメージトレーニングしたほうが良いです。慣れないと、絞めてるのか緩めてるのか分からなくなりますww

小さいスモールマウスバスしか釣れない・・・

今日はウグイの群れ60センチのニゴイに出会えたので、もう帰ろうかなと思いましたが、一応バスも釣っておこうと、別なポイントへ移動。

ですが・・・

結局、1バラシ、1キャッチ。

しかも小さいですね~。

ですが、この2匹を釣って気になったのは『釣れた場所』です。

それはどこかというと、

『流れの中』です。

小バスはすでに流れに入ったようです。

そして、個人的な見解として、

小バスが釣れるようになると、大きい魚が釣れづらくなります。

 

これからは、

小バスの襲撃をどのようにかわし、でかバスをどのように獲るか・・・

これが課題ですね。

ですが、初夏になると数が釣れますので、そこは楽しみです。

実釣シーンを動画で見る

群れに遭遇!釣れた魚は 60up!!【阿武隈川】

釣り場で感じたこと

  • やはり日中に風が吹く
  • 水がささ濁りだった
  • 瀬を歩いていた時、大きなニゴイをたまに見かけた
  • 小バスは流れの中で釣れた
  • 大きいバスが釣れない
  • 川の瀬にウグイの大群がいた
  • 菜の花が満開

最後に

今日は大きいスモールが釣れませんでしたが、『ウグイの群れ』に遭遇するという阿武隈川の貴重な一面を見ることができました。そして、ウグイの群れの中に別な魚種がいて、ちゃんとルアーに反応するということも分かりました。

これは、

『ある特定の魚が川を占拠していても、別な魚も共存できる』

ということの証明になります。

なので、今後、秋になるとシャケが遡上して阿武隈川の岸沿いを占拠しますが、シャケと一緒に別な魚もいると自信を持ってルアーを投げられます。

よく、シャケが遡上するとスモールマウスバスが釣れなくなる・・・と言う人もいますが、

シャケ以外の魚は必ずいるはずですし、何かしら食わせる方法はあるはずです。

なるべく1つの釣り方に執着せず思考を止めず様々な釣り方に挑戦していけば、色んな答えを発見できるのではないかと思います。

みなさんも日々新しい釣り方を探してみてください。

 

本日もブログと動画をご覧いただきありがとうございました。

次回は、本物のスモールマウスバス50upを釣ったレポートを掲載しますので、どうぞお楽しみに!

それではまた!

この続きはcodocで購読

コメント