【川スモール】大物と小物はココで釣れた!【4月末の阿武隈川】

Report
SHIN
SHIN

みなさんこんにちは、しんです。

2020年4月29日の釣果です。

今日は47センチと40センチ弱くらいのスモールマウスバス、合わせて2匹釣れました!

そして、今回の釣りで感じたことがあるのですが、この2匹、居場所と行動が明確に分かれていました。

 

よく、スポーニングは大きな個体からはじまると言いますが、現時点(4月末)で、大物はスポーニングを終えて次の場所に移動しているようでした。

 

そこで今回は釣果報告と一緒に、阿武隈川のスモールマウスバスの居場所について考えてみようと思います。

今日の釣りばなし

開始早々 47センチ!

まずは岸沿いから丁寧にアプローチ。
春のスモールマウスバスは浅場でスポーニングを行っていますからね。

この時期は風が強く釣りづらいだけではなく、スポーニングで魚が口を使ってくれないので、なかなか釣れません。上手く釣れると良いのですが・・・

午後になるにつれ、春は風が強くなる傾向があります。
まだ風が弱いうちに魚がいそうなポイントへ移動。

こんな場所を狙ってみました↓

ココは緩やかに流れが絡むポイント。ドリフトで岩の裏にルアー(メガバス ハゼドンシャッド)を入れ込むイメージで釣ります。

そして、移動して4投目・・・

コンっ!

ジーーー!

あ、でかい!

この時期の魚はあまりジャンプしないので、流れとあいまって重さがすごい!

岩に潜ろうとする魚の動きに合わせて慎重にファイト。

そして手にした魚はコチラ↓

47センチ!体高のある良型です。

ファイトも申し分なし。かなり楽しませてもらいました♪

2匹目はスポーニング真最中

続いて訪れたポイントは、目で見ても流れがわからない岸沿いのポイント。

木などの障害物があるため岸から釣りをするのは難しい状態。川の中から岸に向かってルアーを投げます。

 

ん~、やはり、予想通り午後になるにつれて風がだんだん強くなってきました。

タイムリミットが迫っている・・・。

メガバス ハゼドンシャッドを正確にポイントへ打ち込む。

ゆっくりリーリングしていると・・・

ぐぐぐっ!

あっ、魚だ!
でも、なかなか浮いてこない。なんだこの魚は!バスか?

ようやく見えてきたのは・・・↓

バスだ!しかも、もう1匹追いかけてきている!

すかさず、別なロッドを手にとり、ルアーをキャスト!

両手にロッドとは・・・

なんて強欲な釣り方なんでしょうww

しかし、もう1匹は釣れませんでした (T_T)

とりあえず、1匹を釣り上げました!

それが、この魚↓

ん~、40センチ弱といったところでしょうか。小さいのでメジャーはあてませんでした。

 

その後、先ほどペアリングしていた魚を狙うべく、すぐに同じ場所へキャスト。

すると・・・

ぐぐぐっ!

おっ、また釣れた!連続HIT!

でも小さい。

そして、魚影が見えたところでフックアウト!

残念・・・。

 

でも、かなりエキサイティングだったので、これはこれでよかったです。

その後は予想通り風が強くなり、全く釣りにならないので帰ることにしました。

【考察】4月末現在の川スモールの居場所と行動パターンについて

大きい魚はこんなところに

47センチが釣れた場所を整理すると

【浅い、多少流れが絡む、流れをよける岩がある】

こういう所に大きい魚がいました。

おそらく、今回釣った魚はスポーニングを終えた大きい個体で、ストラクチャーで流れをかわしながら体力を回復させていたと思われます。

ですが、バイトも泳ぎもしっかりしていたので、もうそろそろ流れに入りそうな雰囲気です。あとはベイト次第ですかね。

小さい魚はこんなところに

ようやく小さいサイズがスポーニングを始めたようです。

釣れた場所を整理すると

【浅い、岩と砂が絡む、日当たりが良い、流れが緩やか】

スポーニングはこんなところで行われます。

春の行動パターン

一般的にスポーニングは大きい個体からはじまるといわれております。小さい魚がペアリングをしているということは、大きな魚は次の場所に移動していると考えられます。

  【春の行動パターン】

  1. 深場から浅場に異動し、スポーニングをはじめる
  2. スポーニングが終わると、多少流れのある岩の裏で休憩しながら、上流から落ちてくるベイトを捕食する。
  3. 体力が回復すると本格的に流れの中に入る

※3つ目についてですが、個人的な考えとしては『体力が回復』にプラスして、『ベイトの動き』も要素として入ってくるのではないかと考えております。例えば『コアユの遡上に合わせてバスが流心に入る』など・・・。

1つハッキリ言えるのは、毎年5月末頃には流心でスモールマウスバスが釣れるようになっているということです!

実釣シーンを動画で見る

【春スモールマウスバス】大物と小物、ココで釣れた!【4月末の阿武隈川】※風切り音注意

釣り場で感じたこと

  • ウグイスの鳴き声がそこら中で響き渡っていた
  • 気温がとても暖かかった
  • 午後から夕方にかけてどんどん風が強くなっていった
  • 羽虫の数が増えてきた
  • なぜかトンボを見かけた

最後に

今日は2匹という少ない釣果でしたが、この2匹から得られた情報は、10匹分の釣果に値するのではないかと個人的に感じております。そして、勝手に大満足しております!ww

ちなみに、この2匹を釣り上げたルアーは『メガバス ハゼドンシャッド3インチ』

ここ最近のブログと動画で僕がゴリ押ししているルアーになりますが、今回の釣行でハゼドンシャッドが釣れるルアーだということも証明できたのかなと思っております。

関東のスモールマウスバスに有効かどうかわかりませんが、阿武隈川では間違いなく有効です!

 

というわけで、はじめて阿武隈川のスモールを釣りたいという方は、是非このルアーから始めてみてください。6月末頃まで釣れますよ。

 

いかがでしたでしょうか。

一般的に川スモールに関する本や動画は少ないと思いますので、このブログや動画でご紹介できたらなと思います。

本日もご覧いただきありがとうございました♪

この続きはcodocで購読

コメント