【激シブ!】○○が元気だと川スモールが釣れない!【パターン】

Report
SHIN
SHIN

みなさんこんにちは、しんです。

 

2020年4月4日の釣果です。

 

今日は・・・

ボウズでした!

 

いや~、やられました。

タイトルにも記載した通り、

激シブでした。

 

そして、

『○○が元気だと川スモールが釣れない』

これは、阿武隈川でよくあることなのですが、

今日はこのパターンについてブログで解説してみたいと思います。

 

今日の釣りばなし

ようやく降った雨、増水に期待するも・・・

先日、久しぶりにまとまった雨が降り、

増水により、スポーニングを意識した春バスが岸沿いに寄ってきたのでは・・・

と期待したのですが、

大間違いでした!

 

この日は午後から風が強くなる予報。

 

SHIN
SHIN

午前中の暖かいうちに、

即効で成果を出す昼前には切り上げるうまいラーメンでも食べて帰る!

と思っていたのですが・・・

 

ボウズでした!

そう甘くはありません。

結局、夕方まで釣りをし、アタリは1回だけ。

それも、バスのアタリかどうか不明ww

 

そんな中、このお魚が元気に跳ねておりました↓

https://twitter.com/Shinnn_01/status/1247097921897549835

『○○が元気』なパターンとは

そう、○○というのは、

です!

写真で見ると小さいですが、実際は大きいです。

 

阿武隈川でよくあるパターンとして、

【雨の後のパターン】

増水濁りコイとナマズが釣れる

これ、けっこうあるあるです!

そして、こういう時にスモールマウスバスは、

全く釣れません!

ちょっと言い過ぎたかもしれませんww

でも、かなりの確率でバスは釣れなくなります。

そのかわり、

ニゴイナマズは高確率で釣れるようになります。

 

特に、増水で出現する、

【流れの弱い浅場の反転流】

こういう所が良く、

ワームでもハードルアーでも釣れます。

 

過去に、このパターンのせいで『ズーナマ・ゴイニー地獄』にハマったことがあるので、その時のブログもご参考までにどうぞww

ですが、ニゴイナマズは基本的にサイズがデカいので、引きも強く面白いですよ~♪

怪魚!! 12ブレイドPEで釣りあげたその魚とは・・・
じゃーん! これが怪魚の正体! ナマズ!?↓ 長さは約68センチですが、頭の大きさがパグなみ(笑) 魚の名前は後程ご紹介します。 というわけで、どうもです、SHINです。 先日、PEライ...

釣り場で感じたこと

  • 意外と暑かった
  • 桜が満開、菜の花もだいぶ咲いてきた
  • 先週よりウグイスの鳴き声が増えた
  • 午後、風が吹き始め、コイのライズも増えた
  • 地面からモワモワした空気が立ち込めてきた

最後に

雨の後の阿武隈川は、かなり高確率でズーナマ・ゴイニーパラダイスになりますww

もちろん、バスも釣れますが、定活性になることが多いです。

2019106日の釣果写真です】

ちなみに、川は雨の影響を大きく受けます。

その影響は、『増水』『濁り』だけではなく、『地形の変化』にまで及びます。

特に台風が来ると、岸沿いの草木が無くなったり、インレットの形が変形したり、今まであった反転流や岩が無くなったりします。

SHIN
SHIN

あんまり大きな台風は、

来てほしくないのですが・・・

そのため、

『この場所=この釣り方』

こういう固定概念が通用しません。

 

川の場合は、

『釣れる場所』ではなく『釣れる条件』を見抜く力

が要求されます。

 

奥深いですよね~。

これだから川のスモールマウスバスはやめられないです!

これからもいろんな釣りを見つけられるように、もっと釣りしよ~!

この続きはcodocで購読

コメント