早巻きワンテンJrにかぶりつき!水温低下も関係なし!

Report

こんにちは、SHINです。

今日も阿武隈川へ釣りに行ってきました。

今週は雨が多く川は増水気味。そして、ウェーダーで川に入ったら、びっくりするほどの水温低下!

そんなタフコンディションの中でしたが、意外な方法で魚が釣れました。

今日の釣りばなし

虫パターンじゃなく巻物パターンが有効でした

メガバス ワンテンJrの早巻きにかぶりつきです↓

↓場所はこんな感じのところ。写真ではわかりにくいですが、左側のそこそこ流れのあるところでHIT。

サイズはまあまあですが、元気なバスでした↓

今日は増水水温低下でバスの活性も悪いだろうとおもい、ネコリグやラバージグで岸沿いから攻めたのですが、ノーバイト。虫パターンではないと思い、巻物パターンに変更したところ釣れました。流れのど真ん中で『ゴゴン!』ときて、魚は何度もジャンプ! 魚にとって水温低下も関係なし!って感じです♪

その後、念のため岸沿いを丹念に攻めましたが、やはり魚はいませんでした。今日は流れの中で巻物パターン決定です!

ダウンストリーム最適ルアーとは

この時期の川は、けっこう巻物も有効です(ていうか、だいたいの人が巻物メインで釣りをすると思いますが・・・)。個人的に川で巻物をする場合、気にしていることが1点あります。

それは、

ダウンストリームで釣る

です。

川の下流側にルアーを投げ、上流側に引いてくる釣り方です。

この時、可能であればウェーディングして流れの中に立ち、流れに対して真っすぐ引くのです。

多くの人がオカッパリで釣りをするので、『クロスストリーム』という流れに対して真横、または斜めにルアーを引くスタイルを取りますが、なるべくダウンストリームで釣った方が良いです。

この方法は意外と釣れますが、できるルアーとできないルアーがあります。

なんといっても、川の流れは速いので、水押しの強いルアーは水面に飛び出すか潜りすぎるかして、きちんと泳いでくれません。そこで、過去に偶然発見した激流で泳ぐルアーがコチラ↓

メガバス VISION ONETEN Jr.

以前、ちょうどこの時期に釣りをしていた時のことでした。ワンテンJrを巻き巻きしていたところ、水抵抗がほとんどなく、どんなに速い流れの中で巻いても軽く巻けるのです。おもしろくて激流の中で遊んでいたところ、魚に出会ってしまったのですwww

SHIN
SHIN

ラッキーでした(笑)

ちなみに、メガバス X-80でもできないことはないのですが、このルアーは水押しが強く、クロスストリームで速い流れを通すのは良いですが、ダウンストリームだとキレイにアクションしません。ですが、ワンテンJrは大丈夫なんです。みなさんも試してみてください。

SHIN
SHIN

速い流れの中でワンテンJrを巻くときは、ロッドを立てて巻くと潜りすぎなくて良いです。

その後、場所を変えて岸沿いを再度狙いましたが、ノーバイト。

でも、巻物パターンだと釣れちゃうんですよね~↓

しかも、ラバージグのスイミングです↓

この魚は、ちょっと流れの緩やかなところで釣れましたが、やはりダウンストリームで食ってきました。場所はこういう所です↓

秋になるとサイズダウンするという話はよく聞きますが、だんだんその兆候が出てきた感があります。あと、トップも試しましたが、全く反応しなくなりました。あっという間に秋になった感じです。

もう少しするとシャケが遡上してきたりと変化の速い時期なので、臨機応変な攻め方が必要になってきますね。

SHIN
SHIN

ちなみに、直観に従うのもアリかもです。イスラエルのある大学の研究では『人間の直観は90%近い確率で当たる』ことが証明されているそうです。

ここはひとつ、釣り人の直観に従ってみるのも一つの手ですね。

釣り場で感じたこと

  • 1週間前と比べ、水温が一気に下がった。
  • 岸沿いに魚がいなかった。
  • 岸沿いで釣りをしていると、たくさんの蚊が群がってきた。
  • 日中の日差しは暑く感じた。
  • 虫の鳴き声が草むらからよく聞こえるようになってきた。
  • 蝉の鳴き声が減り、遠くから聞こえるような感じがした。
  • 岸沿いで大きいカエルをよく見かけた。

本日のご報告は以上となります!

9月は台風の季節です。天気予報や川の水位を確認しながらポイントや日にち選びをして、楽しく釣りをしてくださいね。

というわけでみなさん、もっと釣りしよ!

この続きはcodocで購読