夏と秋の狭間 川のスモールマウスバスは、そろそろ秋パターン

Report

どうもです、SHINです。

ちょっと行かないうちに、フィールドは秋っぽくなっていました。

Smallmouth bass

Smallmouth bass

見て下さい、この空!

まさに、

【天高く馬肥ゆる秋】

ですね。

◆【天高く馬肥ゆる秋】の意味

現代の日本では、『空が高く澄み渡り、秋の実りで馬もよく肥える』という意味で、俳句の季語や手紙のあいさつ文に使われています。ようするに、豊穣の秋を意味しております。

もともとは中国古来の警告文で、『馬が肥える秋は、騎馬民族の襲撃がある』という意味だったそうです。

全然ニュアンスが違いますよね。

さて、釣果報告です!

今日の釣りばなし

秋ですね~、虫を意識してます

まずは1匹目です!

だいたい45センチ(Smallmouth bass about 18inch)

秋を感じさせてくれたスモールマウスバスでした。

釣れたルアーはこちら↓

ラバージググラブの組み合わせです。カラーは全体的にブラックにしてみました。ラバジの重さは1/2オンスですが、3/8オンスでも良いかもしれません。

SHIN
SHIN

阿武隈川のスモールマウスバスにブラックは、かなり有効です!

釣れた場所はこんな感じのところ↓

右側のブッシュの下です。

夏だと流れの中を狙うので、こういう所はあまり狙わないのですが、そろそろ秋パターンかなと思い『虫』を意識してキャストしてみました。ブッシュから少し離れたところにルアーを落としたのですが、着底と同時にバスがブッシュから出てきて即食いしました!

SHIN
SHIN

秋=虫

虫パターンの始まりですね。

※野池で釣る場合、『夏=虫パターン』になりますが、川のスモールマウスバスは、ネコリグなど『秋=虫パターン』が有効になってきます。

虫パターンがはじまると、ネコリグなんかも有効になってきます。

私がいつもセッティングするネコリグは、6インチのネコリグ用ワーム(ストレートワーム)に6.7グラムのガン玉を付けたワッキーリグで、フワフワではなくストン!と落ちるイメージで釣ります。この方が反応が良いです。

SHIN
SHIN

ちなみに、一般的に秋は巻物でよく釣れる時期ですので、虫パターンで岸沿いを一通り攻めたら、流れの中も攻めてみてくださいね。

 

夏を意識してても、体は秋

夏に50UPを釣ったdeps サカマタシャッド6インチ、今日もこのルアーでトップの釣りが可能か確認してみました。

結論から言うと、釣れませんでした。

ですが、魚は何度も水面を割りバイトしてきましたよ!

ですがミスバイトが多く、しかも、バイトしてもフッキングに至らないという状況でした。前回の釣行でもそうでしたが、噛む力が非常に弱いです。夏パターンに反応はするものの、バイトの勢いは夏ほど強くないみたいです。

そろそろトップの釣りも終わりそうな感じです。

こんな魚も釣れました!

今日は濁りが入っていたので、少したるみのあるポイントも狙ってみました↓

ミノーで釣れそうな予感がしたので、メガバス X-80をキャスト!

ゆっくり目に巻いてトゥイッチ・・・

ぐるぐるぐるぐる チャッ チャッ

ゴン!! 

ジーーーーー!!!!

なんじゃこりゃ(汗)バスかっ!?

ん!?

でたーーーー!!

ニゴイでした~。

今日一番の引きでしたwww

ちゃんとドラグセッティングしていたので、がっちりキャッチしました!

メガバス X-80 もはやエサですね(汗)↓

流れにX-80放置!秋の【スモールマウスバス50up】が釣れた!
みなさんどうもです、SHINです。今年の秋、ついに出ました!スモールマウスバス50UP!!コチラです↓SHIN今朝買ったばかりのX-80で、友人がスモールマウスバスの50UPを釣り上げました!キレイな魚体ですパチパチパチパチこの魚、...

SHIN
SHIN

さよなら~

また遊んでね~

釣り場で感じたこと

釣りのイメージに役立ててください。

  • セミの鳴き声が少なくなってきた
  • 日中より朝一の方が反応が良かった
  • 空が高く感じた
  • 水面が静かに感じた
  • 今年はクモの巣が少なく感じる
  • 今日は蚊の襲撃を受けなかった
  • 日差しがジリジリした
  • 水はそんなに重くなかった
  • 水の温度はまだぬるく感じた
  • 午前中だけで急に減水した
  • すごく浅くて流れがあるところに40センチ越えのバスがいた

本日のご報告は以上となります!

 

秋の阿武隈川は、虫パターンと巻物パターンの両方が混在して釣りづらい時期だと思います。秋の虫パターンが存在することを意識すると釣り幅が広がるので、同時にチャンスも広がります。この時期、岸沿いにある岩の脇など、意外と浅いところに魚がいますので、フィールドへのアプローチに気を付けてください。

というわけでみなさん、もっと釣りしよ!

この続きはcodocで購読