気仙沼沖で【太刀魚】!? 全く太刀打ちできませんでした・・・

Report

いつもご覧いただきありがとうございます。SHINです。

今回の船釣り、めちゃめちゃショックを受けました!!

久しぶりに気仙沼で漁師をしているおんちゃん※1の船でジギングをしてきたのですが、とある魚のせいでいつものジギングができませんでした!

※1 おんちゃん→気仙沼では、親戚でも他人でも『おじさん』のことを『おんちゃん』と呼びます。

その魚とは

太刀魚です!!

えっ!?気仙沼で太刀魚? みなさんそう思いますよね。ここ最近、仙台湾でも釣れているようですが、遂に気仙沼まで北上してきました!

もうはじめに重要なところを話しちゃいますが、今回、青物狙いでジギングに行ったのですが、太刀魚にハリス※2を切られて全く釣りになりませんでした。しかも、タモ(網)を忘れてグダグダな状態に陥り、釣果も微妙なまま帰宅・・・、といった感じです。

※2 ハリス→針についている糸

SHIN
SHIN

漁師のおんちゃんがタモ忘れるなんてーーー!(笑)

一応、別な魚が釣れましたので、太刀魚がかかった時の話も交えてご報告いたします!

今日の釣りばなし

太刀魚の悲劇

Ah Ah 午前4時~♪ モーニングムーンと呼ぶには1時間早いですが、おんちゃんと2人で出港です!

夜行性の太刀魚が釣れているという情報を元に、いつもよりちょっとはやく出港してみました。

気仙沼港を背に沖へ出ます。

そして暗い中、ジギング開始。

気仙沼の観光地で有名な潮吹き岩のある『岩井崎』、ここの沖がいつもポイントです。今日は潮の流れが速く、100gのジグもなかなか落ちていきません。

何回かジグを投げていると、おんちゃんからエサの付いた仕掛けを渡されました。どうやら、太刀魚用の仕掛けらしいです↓

この仕掛け、着底してからゆっくり巻くだけで釣れます。

実際に1投目、巻いている途中でゴミがかかったようにロッドが曲がり始めたので、少しロッドをしゃくったところ、

ぐぐぐぐ グングン すぽっ!

えっ!? うわー、すっぽ抜けた!

仕掛けをよく見てみたら、赤いゴム管が針に・・・

SHIN
SHIN

上の写真をよく見てみてください。

赤い何かが・・・

※おんちゃんが安全のために針先を保護してました。

釣れるわけありませんよね(笑)

ゴム管を取り、気を取り直して再投入(2投目)。

ぐぐぐぐ グングン!!

今度こそ来ました!

海底から巻いてきましたが、けっこう表層に近いところでアタリが出ました。そして水面近くまで引き寄せると、太刀魚です!! しかもデカい! タモがない!! 針のかかりも浅そう(汗) でも、しょうがないからロッドで引き抜くしかない!

えい! すぽっ!

またかよ! キロ2000円がーーー(涙)

もうすでにグダグダです。

そうこうしているうちに夜明けをむかえました↓

やっぱりエサだと反応が良いですね。これで気仙沼に太刀魚がいるという確信が持てましたので、次はジグで挑戦!

キャストしてジグをフォールさせていると、ラインがピタッと止まりました。

HITです!

またゴミがかかったような引き。太刀魚だとすぐわかりました。水面近くまで引き寄せたところ、大人の手のひらほどの体高がある太刀魚。口元にもしっかりフッキング。タモ無しでも抜けそうです!

しかし、太刀魚も必死の抵抗で海の中に潜ろうとします。そして、

ぐぐぐぐ すぽっ!

はっ!?

ちゃんとフッキングしてたじゃん!

もしかして身切れしたのかと思いルアーを確認してみると↓

↑これは後に撮った写真ですが、このジグに付いている針が、ハリスから切られたのです。

SHIN
SHIN

高級料亭サイズがーーー(涙)

しかも、ジグに穴が開きました↓

ちょっとわかりにくいかと思いますが、鉛でできたジグが太刀魚の鋭い歯で傷つき小さな穴が開きました。

SHIN
SHIN

関西や関東の方は、この記事を見て呆れてますよね(笑)

太刀魚が釣れるフィールドでは、太刀魚対策をしないとこういう目にあいますので、宮城で釣りをするみなさん、ご注意ください。

気を取り直してライトジギング

日も高くなり太刀魚のアタリもなくなりました。とりあえず何か釣っておかないとと思い、ライトジギングをスタート。ロッドはお気に入りのMegabass 海狼かいろう です↓

↑こちらは、かなり前にMegabassで販売していたシーバス用ロッドです。キャスティングゲームだけではなく、ライトジギングにも対応してます。バットにチタンファイバーが加工されおり、ものすごく軽く、しかも細いけど粘りのあるロッドです。ラインはPE0.8号に12ポンドのナイロンリーダー。

このタックルにしてから急に魚が釣れるようになりました↓

↑ライトタックルだと、このサイズの青物でもかなり楽しめます。海狼も粘りのあるロッドなので、しっかり魚をいなしてくれました。

↑ちょっとかわいいカサゴも釣れました。これは、Megabass MAKIPPAマキッパ という、その名の通り巻きっぱなしで釣れるルアーで釣りました。Megabassは面白いルアーをいっぱい作りますよね。今度は、ロックフィッシュでも試してみます!

この他にも、子アイナメなど何匹か釣ってリリースしましたが、今日は根回りの方が反応が良かったです。いつもヒラメやカンパチの実績があるポイント(砂地のエリア)では、暗い時間帯に太刀魚の反応はありましたが、明るくなってからは何の反応もありませんでした。

SHIN
SHIN

今年はジギングの調子が悪いとおんちゃんから言われていましたが、本当に調子が悪かったです。

ところで、気仙沼沖は潮が動くと川みたいに流れの速いところがありますので、みなさん気仙沼で釣りをする機会がありましたら、釣り方やポイント選びなど、工夫をしながらやってみてください。

まとめ

今日の釣りはグダグダで若干ショックも受けましたが、なんだかんだで得るものもたくさんありました↓

  • 太刀魚対策の必要性
  • 今回の太刀魚はフォールでバイトすることが多かった
  • ライトジギングは魚とのやり取りがエキサイティング
  • ライトジギングだと浅場でも様々な魚種にアプローチできる

それにしても、宮城でも太刀魚が釣れるようになっちゃいましたね~。今までのジギングの仕掛けではリーダーやハリスを切られますので、これからは太刀魚用の仕掛けも用意してたほうがよいかもです。それと、9月、10月は太刀魚のシーズンですので、宮城でジギングをされる方、ご注意ください。

魚せんせい
魚せんせい

太刀魚は夜行性じゃから、マズメ時には気を付けたほうがよいぞ!

釣り場で感じたこと

  • 海水がお湯みたいにぬるかった
  • 朝と昼の寒暖差が激しかった
  • フォールで当たることが多かった
  • 浅場で釣りをしていると、時々、海の中から空気がポコポコ出てきた
  • いつもは必ず釣れるアイナメの良型りょうがたが全く釣れなかった
  • 今年は気仙沼でカツオがほとんど獲れていない

お食事

ラーメン炎(ほむら)

久々のお食事コーナーです。

今日は気仙沼の『ラーメンほむらさんでお食事しました。

おすすめを聞いたところ『みそラーメン』だそうです。

というわけで、さっそく注文↓

ラー油がきいてて辛くて美味しー!!

勢いよくすするとむせます(笑)見た目油っぽい感じがしますが、かなりさっぱり目。こってりが苦手な私でもスルスルいけちゃいます。麺と具を食べてスープだけになったとき気付いたのですが、大豆のかけらのようなものがたくさんありました。食レポ下手なのでこんな表現しかできませんが、田舎味噌みたいに、豆の形が少し残っている味噌ってありますよね。味噌汁にすると、最後にお椀の底に残るアレです。このラーメンにはそれがたくさんありました。美味しかったです。

今日は金曜日なのですんなりお店に入れましたが、以前、土日に来た時は行列で車も止められずあきらめたことがありました。気仙沼では人気のラーメン店です。

みなさんも是非食べに行ってみてください。

SHIN
SHIN

最近、甥っ子のそーくんがこのブログを見て『またラーメンたべてるよ!』と言っていたそうです。

あ~、また言われるんだろうな~(笑)

ラーメンおじさんとか言われないように、今度はチャーハンとか餃子もたべよ~♪(笑)

釣った魚をお刺身で

今回も食べる分だけお持ち帰りしました。

この魚は味があってめっちゃ美味しかったです!

たまに全く味がしない青物とかいますからね。醤油をどんだけつけても食べた気がしない・・・、ご飯もすすまない・・・、本当にこういう魚いるんです。

でも、今回の魚は違います。油はほとんどないですが、うま味がしっかりあったので、さっぱり目が好きな私には最高でした。

お魚さんに感謝です。

本日のご報告は以上となります!

 

宮城でも太刀魚が釣れるなんて、温暖化の影響を間近に感じるようになりましたね。温暖化問題、それはそれで大事なことなので、きちんと考える必要があります。釣りとしては、今、そのフィールドにいる魚をどう釣るか、それを考えないと何も釣れません。秋は太刀魚の最盛期なので、逆にそれを狙っていった方が楽しく遊べると思います。

魚せんせい
魚せんせい

無い物を求めるのじゃなく、いまあるもので満足することも大事じゃぞ。

小欲知足しょうよくちそくの精神じゃ。

宮城にも新しい釣りがやってきました。まだまだやれることはいっぱいあります。

というわけでみなさん、もっと釣りしよ!

この続きはcodocで購読