【シーカヤック】岸沿いはアイナメだらけ!秋冬ロックフィッシュシーズン到来!

Report

みなさんこんにちは、しんです。

2021年11月20日の釣り話しです。

 

寒くなりましたね〜。

秋冬のロックフィッシュシーズン到来です!

 

この時期になるとアイナメが産卵のため岸沿いの浅場にやってきて、

陸っぱりでも良型が狙えるようになります。

 

現在ではいろいろな釣り方が発見され、初夏のアイナメ釣りも有名になっておりますが、

エサ釣りが主流だった昔は、

 

「アイナメのシーズン」=「秋冬」

 

という認識が一般的だったと思います。

 

そんな昔から有名な秋冬のアイナメをカヤックで狙ってみましたが、

今回、釣りをする中で

 

「釣れる場所」「釣れる魚の種類」

 

この2つについて気づいた点がありましたので、ブログにまとめてみようと思います。

 

釣り場の状況

気温:最高気温 13℃

水温:約15℃

天気:曇り

水質:良好

・波やうねりはないが潮の流れが速かった

・風がなく穏やかだった

・山が紅葉で色付いていた

 

今日の釣りばなし

釣れる場所と条件について

この日、圧倒的に魚の反応がよかった場所は、

 

岸沿いです!

 

岸際にルアーを投げると、魚がいれば1回目か2回目のリフトアンドフォールでバイトするほど高活性でした。

ただし、岸際といっても条件があるように感じました。

その条件とは、

 

潮裏です。

 

上記の画像を見ても判断できませんが、画像の左から右に潮が流れており、実際にカヤックを浮かべると流されます。

岸の形状には凹凸があり、潮の当たる場所とそうでない場所があります。

今回釣った魚のほとんどは、潮の当たらない潮裏と呼ばれる場所で釣れました。

ちなみに、沖にある根まわりも狙ってみました。

岸沿いほど魚影はありませんでしたが、反応する場所はやはり潮裏でした。

さらに沖に出てみると↓

反応がない上に、サイズが下がってしまいました。

 

産卵のため沖にいる魚が岸沿いに接岸することを

「乗っ込み」と言いますが、今はまさにその状況であり、

 

今回の釣れる条件は、

 

「ストラクチャー」×「潮」=「潮裏」

 

これではないかなと感じました。

 

岸沿いで釣れたアイナメは全て◯◯でした

岸沿いで釣れたアイナメについて一つ気になったことがありました。

それは、

全てメスだった。

ということです。

 

沖で釣れたアイナメは少し婚姻色の入った個体もいましたが、岸沿いはメスだけでした。

ここからは僕の予想ですが、今後の魚の動きとして、

 

《①現在》第一団目のメスが接岸。産卵に向けて荒喰いモード。

《②》沖で待機しているオスが接岸する。

《③》岸沿いの産卵場に入れなかった個体が沖の根まわりで①→②を行う。

 

これはただの想像ですが、もし少しでも当たっているとすれば、今年の乗っ込みは始まったばかりと言えるかもしれません。

 

今後が楽しみです。

 

 

実釣シーンを動画で見る

 

最後に

というわけで、いかがでしたでしょうか。

今回カヤックにのって秋冬シーズンに挑戦するのは僕にとって初めてのことでした。

ロックフィッシュの釣りは今まで何回もやったことがありますが、カヤックで釣りをすることで、今まで気付けていなかったことがあるんだなと、釣りの奥深さをあらためて感じさせられました。

 

それにしても、カヤックは本当に楽しいです。

カヤックだと船でも陸っぱりでも入れないようなポイントを攻められるし、自分のスケジュールに合わせて好きな時間帯に海に出ることができます。釣り船のように広大な海を縦横無尽に駆け巡る自由さ(機動力)はありませんが、カヤックだと時間と釣り方に制限がないという自由さがあるのが魅力。早起きが大の苦手な僕にとって最高のツールですww

 

アイナメの秋冬シーズンは始まったばかりですなので、これからが楽しみです!

コメント