川スモール連続ヒット!あの釣り方で激シブの夏を突破【考察】

Fishing-method
SHIN
SHIN

みなさんこんにちは、しんです。

今日は釣り方のお話しです。

 

それにしても、今年の夏のスモールマウスバスは激シブですね~。

僕のYouTubeチャンネルやTwitterでも苦戦しているコメントをよく目にします。

実際、僕自身もかなり苦戦してます。

ですが先日、川スモールが1ヵ所で連続ヒットしました!

 

もしかしたらみなさんも連続ヒットできるかもしれませんので、

その釣り方についてご紹介いたします。

川スモール連続ヒット!あの釣り方で激シブの夏を突破

◆釣り方

答え

結論から言いますと、

『水深のある岸沿いをホッグ系ワームのテキサスでボトムズル引き』

という釣り方です。

コツは

  • ボトムのジャリを感じながらロッド操作だけでズル引きする。
  • できれば川の中に立ち、岸に向かってキャスト。ダウンヒルでワームを通すイメージ。
  • 条件が揃ったポイントを選ぶ。

ルアーのやロッドの動かし方がわかっても、釣る場所がわからないと釣れませんので、次はポイントの特徴についてお話しします。

◆ポイントの特徴

夏の川スモールといえば、迷わず流心を狙うと思いますが、今年は違います。

そこで、魚が連続ヒットしたポイントの条件、

これについてまとめてみました。

【ポイントの条件】

水深のある岸沿い(ウェーディングで立てない場所)

・ボトムにジャリが混ざり、根掛かりしづらい場所

岸にブッシュがある

・多少流れが絡む

これらの条件が揃っていると釣れるような気がします。

特に『地質』はとても重要です。

一見、条件がそろっているように見えるポイントでも、ボトムがドロの場合は、まったくアタリがありませんでした。

 

実際に連続ヒットしたポイントはこちら↓

1枚目の写真はニゴイが4連続ヒットしたところ。

2枚目はスモールマウスバスが3連続ヒットしたところです。

条件がそろっているポイントは魚が溜まっているみたいです。

◆リグの解説

・ルアー

ルアーはホッグ系ワームが最適です。グラブなど別なワームも使いましたが、

ホッグへの反応がとても良かったです。

そして、

僕が断然オススメするルアーは、

メガバス ボトルシュリンプ4インチ

このワームは2020年5月に53センチという大物も仕留めていますし、そのほかにも多くのスモールマウスバスを釣っています。

かなり信頼しているワームのひとつです。

・シンカー

3/8オンス(必ずシンカーストッパーで止めます)

このくらいの重さが丁度よくアクションする水深を僕は探して狙っています。

・ライン

メインライン:PE1.5号(4ブレイド)

リーダー:フロロ12lb

PEとリーダーはFGノットで組みます。PEでボトムの釣りをするなら1.5号の4ブレイドがオススメです。いろいろ試しましたが、強度のある0.8号の12ブレイドなども試しましたが、しなやか過ぎてボトムの釣りをするとライントラブルが多発します。なので、僕はもう使っていません。

・ロッド

僕の場合は、ディープクランクを扱える程度にハリのあるロッドを使用。

丁度よい強さのロッドがこれしかないだけですがww

そして、参考にならないと思いますが、リールは相当古いものを使っております。

ロッドメガバス トマホークGTZ F4-72GTZ ICBM琵琶湖ガイドスペシャル

リール:シマノ 07メタニウムMg7

◆釣り方について考察

結論を導き出す過程

『水深のある岸沿いをホッグ系ワームのテキサスでボトムズル引き』

この結論に至る過程として、以下の分析を行いました。

【シブい時、または釣れないときの状況について分析】

・浅場で魚が釣れない

・夏なのに流心で魚が釣れない

・鮎の食み跡が極端に少ない

・ベイト(小魚)が見当たらない

・釣れるスモールのアタリがいつもモゾモゾしている

・スイミング中にボトムズル引きになると時々アタリが出る

上記をもとに、真逆の発想をしてみたところ、このように整理できました↓

【真逆の発想】

・浅場ではなく深場

・流心ではなく岸沿い

・小魚ではなく甲殻類(底生生物)

・中層ではなくボトム

よって、

『水深のある岸沿いをホッグ系ワームのテキサスでボトムズル引き』

という結論に至りました。

実践してみた結果

実際に試したところニゴイからスモールまでしっかりと釣ることができました。

しかも、1ヵ所で数匹釣れることから、

『魚は特定の場所に追いやられている』

このように感じました。

おそらく、

『長雨による増水と水温低下』

これが原因だと考えております。

今後、水位の低い日がよほど続かない限り、いつものスイミングパターンは復活しないような気がします。そして、下手するとこのまま秋に突入するかもしれません。

みなさんはどう思いますか?

実は過去に実績があった?

実は、『ボトムズル引き』という釣り方は、今年の春から初夏にかけて良い結果を出しておりました。

先ほどもお話しましたが、今年の5月には53センチのスモールマウスバスを釣り、6月に入ってからもときどき成果を出してました。

当時はスポーニングがらみで接岸してましたが、

今回は増水と水温低下の影響から逃げるように、快適さを求めて接岸しているようにも感じ取れました。

 

『ホッグ系ワームのボトムズル引き』

時期によって接岸目的の違う川スモールマウスバスに対し

『柔軟に対応できる釣り方なのかもしれない』

そのように今回の釣行で考えさせられました。

 

『ボトムズル引き』で釣れている過去の記録(ブログと動画)がありますので、

お時間がある時にどうぞご覧ください。

【川スモールマウスバス】50upの魚で証明 !やっぱり あのルアーで釣れた!
SHIN みなさんこんにちは、しんです。 2020年5月16日の釣果です。 今日は、スモールマウスバス53センチが釣れたルアー 『メガバス ボトルシュリンプ』 これにスポットを当てな...
【川スモール】流れの中で大物が釣れない!結局、こういう場所にいた【6月上旬】
SHIN みなさんこんにちは、しんです。 2020年6月6日(午前)の釣果です。 今日は6月上旬、 なのに、 流れの中で釣れない! 川の瀬を歩いていると、小鮎がちらほら見えました。...
【川スモール】2つのルアーがタフな魚に好反応!【5月上旬】
昨日、50upを釣って興奮冷めやらぬ中、今日は状況が一変。天気は雨。気温は5℃以上下がり、人にも魚にも最悪なコンディション。さらにスポーニングがらみで魚は口を使わない季節。そんな中、ある2つのルアーにだけスモールマウスバスが好反応でした。どんなタックルでルアーをどう動かしたのか。ブログと動画で解説します。

◆最後に

というわけで、いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介した釣り方は、あくまでも僕の考察によるものです。

これを鵜呑みにせず、みなさんなりにいろいろ工夫して魚を探してみてください。

 

SHIN
SHIN

釣り方を考えるって、本当に楽しいですね。

それではまた、ブログと動画でお会いいたしましょう。

◆釣ってるシーンを動画で観る

川スモール連続ヒット!あの釣り方で激シブの夏を突破

◆使用したアイテム

ルアーメガバス ボトルシュリンプ4インチシンカーは3/8オンス シンカーストッパーを付けます

【説明】大きさは4インチがベスト。今回使用したカラーと違いますが、おすすめカラーはスカッパノン/ブルーフレークです!※購入時、ワームサイズを間違えないようにご注意ください。

 

シンカーreins(レイン) ベーシックバレットシンカー 3/8oz(10.5g)

【説明】この重さのシンカーが操作しやすい場所、または水深で魚が良く釣れたので、初めての方は3/8オンスからスタートしてみてはいかがでしょうか。

 

シンカーストッパーRYUGI(リューギ)  コンボストッパー L

【説明】画像のサイズはLですが、僕が使用しているサイズはMです。ラインの太さによってサイズが異なりますので、適合サイズを選んでください。

 

フックがまかつ ワームフック ワーム 321 バルキースタイル 1/0号

 

メインラインシマノ PITBULL 4ブレイド 1.5号(150m)

 

リーダーシーガー R-18フロロリミテッド 100m 12lb

【説明】PE1.5号にフロロ12ポンドをリーダーとして繋ぎました。こういう釣りをする人はあまりいないと思いますが、一応ご紹介させていただきます。

 

コメント